▼投稿記事

小中学club&教師が育てた選手、学費無料特待獲得合戦、選手獲得の高校大学指導者を名将と呼ぶ不思議な陸上の世界


2020年迄、後2年、学校教師働き方改革の名の下、中学校、長距離陸上部、壊滅するのでは?水曜日を含め3日の学校クラブ活動禁止で教師のNO残業確保。働き方改革とは何だ!らく(楽)したい!ゆっくりしたい!お金は欲しい!中学校陸上部休部、廃部、休眠無活動、中学校陸上部、長距離部員の在籍減少、女子800m競走は試合成立、1500m競走は過去の試合から、想像すれば試合競走不成立?今では各都道府県、市外、郡部の小学生指導者clubの情熱指導に、おんぶに抱っこ、小学生clubから進学の中学生の1500m競技出場に微かな希望を託す。2020年、オリンピック後、バブル崩壊、消費経済雇用不況、誰もが不況を実感する3年後は直ぐそこ。

駅伝陸上練習、きついから辞めたい、指導者が『なだめ』ガンバレで続いた小中駅伝陸上、特待条件チラつかせ獲得する高校、大学駅伝陸上指導者、駅伝陸上夢破れ、あの時の指導者の言葉と真逆の対応に裏切られその後の高校3年、大学4年は地獄絵図。

大學駅伝、成功の確率は極わずか?夢とホラは別が現実、競走馬育成厩舎の如く、実業団入社を錦の御旗の駅伝陸上大学監督コーチ選択は、4年間、親に代わって、卒業後の将来を語れる駅伝陸上監督コーチ選択が最善。又、小中学club&教師指導者相談も最善。何故なら『親見れば子が判る』育った環境を知る小中学club時代の指導者は、心無い大学監督コーチ指導者の心の見分けは付く。