昭和・平成・令和【戦後74年】共に歩いた私も74歳。今の大人も昔は子供、おはようございます、こんにちは、はい、ありがとうございます、失礼します。忘れやらない子供の挨拶/昭和の日常語。忘れられた空腹ひもじい/昭和の常用語。戦後、昔の大人は実態経済に逆行、強欲マネーゲームに走れば、国は50年、会社は30年で潰れる。同時に戦争の勃発も口にした。喉元過ぎれば熱さ忘れる平和禍の失われた平成。例えば強豪と呼ばれる私立高校駅伝陸上部、実態経済に逆行、マネーゲーム特別待遇、諸経費掛免除で他県内各地から入学生スカウト募集。県内、一強他弱を既に岩盤構築済。実態経済から逸脱の平成、何でどうして?2020年/新型ウイルス感染拡大/コロナ戦争/世界が共存。福岡農業高等学校陸上部は、地域の大人が協働/急がば廻れ/しばし時間を留め/大人になった時に幸せに成る為のプリティな準備/先ずは女子、強豪校復活劇、温故知新。【地域の小中学生保護者様へ】西日本一の広大な東京ドーム6杯分、トラック登山登坂勾配ロード、総て高校敷地内【週末オープン教室】男女練習参加、お問い合わせください。

▼新着記事

2020年5月1日金曜日

【温故知新】公立高校運動部に喝、定年を迎える校長の情熱に呼応,2003年駅伝部創部、短期勝負、平成を勝ち抜く私立高校部活動に挑む公立民間力指導は同等だった!

2003年5月、県立福岡工業高等学校、駅伝部創部。4ヶ月後、5000m中部地区新人大会、1・2・3位独占。2003年12月、中部地区新人駅伝大会優勝(区間賞独占)連覇。2004年11月、2年目、全国高校駅伝福岡県大会、大牟田高校の後塵2位(1区・4区、区間賞)九州大会出場。...
記事一覧>>
重松森雄杯/脊振のHPへのリンク画像